みされにあす日記
詳しいことはわかりませんが...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で事故が多発していることについて
中国で事故が多発している。
吉林省のハルピンにある化学工場で爆発があり河川を汚染した。
また黒龍江省の炭鉱でも爆発があり、多数が死亡した(報道では68人:11月28日現在)。安全管理の徹底を急いでいるが、おいついていない。品質と安全は時間がかかる。日本でも以前は中国と同じような問題に悩まされていた。日本は1955年(昭和30年)から1972年(昭和47年)にかけて経済が成長したが、この時代大きな社会問題を抱えていた。労働災害や公害などである。労働災害による死亡者数は経済成長の期間に多くなる傾向がある。また経済成長が鈍くなるとその数は減っている(要因はいろいろ分析できるがここでは割愛:労務安全情報センターのホームページに詳しいデータがあるのでそちらを参照してください)。

http://www.campus.ne.jp/~labor/sokuhou.html

中国も日本と同じような道をたどって成長している。経済が成長するとき同じような経過をたどる。
国が急速に成長を始めたときに数々の問題が起こる。要因のひとつは人材の不足(あるいは欠如)である。彼の国は日本の時以上のスピードで巨大化の道をまい進している。それを支えるだけの人材の育成はできているのだろうか?たとえば現在社会問題化している安全管理に関係する人材、組織、法の整備などはすすむのだろうか。
人材不足(巨大プロジェクトのマネージから現場でのトラブル処理)、人材育成不足が原因で中国の成長は止まるのではないか??


テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

フセインの裁判
サダム・フセインの裁判が始まった。第2回公判中だがここまでの流れがつかめていない。出遅れしまったが、この裁判に注目している。この裁判が今後の朝鮮半島情勢をよむうえで何がしかの方向性を与えてくれるのではないかと思っている。特にアメリカの対朝鮮半島(対北朝鮮のみではない)政策がどうなるか、将来を予測するヒントが出てくるように思える。現在サダム・フセインの裁判が行われているが、この裁判自体をアメリカはどう思っているのか??フセインの写真がマスコミにすっぱぬかれて以来、後手後手に回っている感がある。おそらく苦い思いに違いない。今後2度と同じ過ちはおかさないと堅く誓っていると思う。

テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済

体操個人総合について
アテネ五輪での男子体操団体金メダル以来、また体操に対する興味が復活した(私のことです)。久しぶりの快挙に本当にうれしかった。今世界選手権が行われている(2005年11月25日現在)。個人総合で富田選手が優勝し、その後種目別が行われている。種目別をみると、本当に人間業の限界を超えた(と思える)難易度の技が披露されている。将来個人総合の評価や価値がかわるのだろう。得意な種目に磨きをかけ、技に自信のあるものは種目別にしぼってエントリーするのだる(すでにそうなっている)。現在の体操界の潮流はどうだかわからないが、個人総合は陸上の10種競技のような位置づけになるのではないか。10種競技の勝利者は本当に偉大なアスリートである。ただし各々の種目ではエキスパートにはかなわない。個人総合と団体優勝は、選手からどのようにとらえられているにか??種目別が今後の主流になるのでは??日本は新たな壁に直面か??

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

ライト兄弟
ライト兄弟の飛行機を再現して飛ばしてるやつらがいる。すごいな。やっぱり世の中には半端じゃないやつらがいる。当時の飛行機(いくつかバージョン、型がある)をそのまま再現するから、エンジンから手作りだ。まじめに取り組んでる。またそれにお金を出すスポンサーもいる。
実は個人的にはグラハム・ベルが作った電話機を再現してみたいと思っている。いつかやってみたいな。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ジミ・ヘンドリクス
僕はJimi Hendrix(以下ジミ)が好きだ。音楽は子供のころから聴いている。父親が若いころクラシック(声楽)をやっていた影響で楽曲に触れることが多かった。音楽の記憶は1970年頃からはっきりしている。この年は音楽シーンが激変した年だ。ビートルズが解散、エリック・クラプトンが活動を停止、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリンが死んだ。
ジミのバークレーでのファーストショーの「パープルヘイズ」を初めて聴いたときは衝撃だった。ただ圧倒された。それ以来ジミを追いかけている。ジミのすごいところは、死後35年以上たってもいまだにCD、DVDがリリースされ続けていることだ。下坂 進一さんのPAGE FULL OF JIMIに詳しい。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~shimos/ 

ジミは多くの人の心を鷲づかみにする。その中にザ・フーのピート・タウンゼントがいる。彼はその言葉の端々にジミへの敬意が伺える。ある時エリック・クラプトンがタウンゼントから映画に誘われた。訝しく思ったが、誘われるまま映画にいった(クラプトンとタウンゼントが座って映画をみてる図はそれはそれですごい)。薄暗がりの中でタウンゼント曰く「エリック、俺はすごいものを見てしまった。俺たちは失業する」。それがジミであった。以上予断。私も無意識のうちにジミに手を出してしまう。CDショップでも然り、iTMS然りである。知れば知るほど興味を掻き立てられる。ロイヤル・アルバートホールでのライブがDVD化される噂がある。素晴らしいライブだけに是非とも実現してほしい。ジミの活躍した時間はおよそ3年。本当に凝縮された3年だったのだろう。

テーマ:★気になるアーティスト☆ - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。