みされにあす日記
詳しいことはわかりませんが...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライト兄弟
ライト兄弟の飛行機を再現して飛ばしてるやつらがいる。すごいな。やっぱり世の中には半端じゃないやつらがいる。当時の飛行機(いくつかバージョン、型がある)をそのまま再現するから、エンジンから手作りだ。まじめに取り組んでる。またそれにお金を出すスポンサーもいる。
実は個人的にはグラハム・ベルが作った電話機を再現してみたいと思っている。いつかやってみたいな。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

さいきん民放をみないけんについて
最近民放をほとんど見ない。ウィーク・デーは全く見ない。テレビを見ないわけではない。我が家はケーブルを引いているので、テレビはよくついている(視ているかは別)。民放の番組は興味がもてない(視てないから面白いかどうかもわからんが)。思えば昔(昭和40年頃)は「チャンネル争い」があった。家族のそれぞれに視たい番組があり、また娯楽といえばテレビしかなかったこともあり取り合いになった。今は娯楽はテレビだけではない。娯楽(エンターテイメント)というパイのテレビのシェアはどれぐらいなんだろう。どこかにデータはありそうだけど。
好みの番組といえば、僕自身は「発見」「歴史」「動物」なんか好きだが、思えば好みの専門チャンネルが存在しているのであって、しかも複数あり、内容も深い。「好きな番組」「好みのジャンル」という視点では民放は太刀打ちできない(私に限って)。またテレビの番組は「政治・経済」「歴史」「科学」「娯楽」「芸能」「教育」などに分かれるとおもうが、それぞれのジャンルにおいて供給過剰のような気がする。そこにインターネットを中心に新たな娯楽生まれつつあり、パイのサイズはますます小さくなり、過剰供給に拍車がかかっている。視聴率重視の民放では、どこかの局が一点突破のヒット番組をつくると、他局はいっせいに横展開する。パイが小さくなったところに、番組の同質化でさらに供給過剰になる。このような悪循環になってないか??最近どんな番組がはやっているかわからんので、どうでもいいが。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。